レッスン日記
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ NEW ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ SEARCH
音楽院の生徒さんにレッスンの感想を語っていただくページです。
初レッスン

横浜磯子教室 Oさん

音楽院の皆さん、明けましておめでとうございます。
今年も皆さんについていけるよう頑張りますので、宜しくお願いいたします。

今日は(1/12)初レッスンでした。(ちなみに255回目のレッスンです。)
4週間振りのレッスンなので、とても楽しみにしていたのですが…やはり緊張しました。

昨年12月から習い始めた「閑居吟」は、表現もテンポも変化に富んでいて難しいのですが、
そこがまた面白いところでもあります。
お休みの間、自分なりに練習し、少しは進歩しているはずです。 さあ、頑張るぞ。

レッスン開始。
椅子に座って調弦後、すぐ言われたことが、「君一人で弾いてみて。」
ぎょぎょ〜!! そうきましたか。 想定外でした。
まだテンポがあやふやな部分が多いのに…まずいかも。 いや、なんとかなる。
内心ドキドキでしたが、慌てた素振りを見せず、まず音階練習から弾き始めます。
ん?? いきなり音がずれました。 …調弦が狂ってました。 あせった〜

いよいよ、閑居吟です。
出だし(一)は、ゆっくりですし、なんとかまとまりました。
ところが弾いていくうちに弓が揺れてきました。
あれ? 急に緊張し始めました。 落ち着け、落ち着け。
(二)になって曲のテンポが上がります。 なかなかスムーズに弾けません。
止まったり、弾きなおしたり、だんだん怪しくなりはじめます。

(三)で、ぐっとテンポが遅くなるのですが…私はなんと二倍の速さで弾き始めてしまいました。
さすがに先生がビックリし、止められて注意を受けました。
また(三)には、付点音符が苦手な私を悩ませる、点が二つもついた音符があります。
正確なカウントの仕方が、まだわかりません。 弾くたびに長さが違ってしまいました。

(四)では、だんだんスピードアップ。 右手も左手も一度狂うとグチャグチャです。
数小節弾いては止まり、また弾き、また止まり… 
それでも私はめげません。続けます。 出ました最速パート:音符の下に三本線…速過ぎるよ。
でもなんとか、それらしく弾けたような、弾けなかったような。

最後の(五)では、またぐっとテンポが遅くなります。
しかし点が二つの付点音符に翻弄されました。 よろよろ悲しく終了。
 
先生に注意された点は沢山沢山ありました。
なかでも一番気を付けたいと思ったのは、使う弓の長さです。
私は弓を短く使って、音を追うのに精一杯でした。 
でもこれでは、全く面白みのない曲になってしまうので、ぜひ改善したいです。

次に注意したいのは、2つの点がある付点音符。
カウントの仕方がわからないなら、何度も曲の録音を聞いて、体で覚えようと思います。
課題は多いですが、あきらめずに前向きに練習を頑張りたいです。

今日の収穫、
レッスン日記に書ける失敗を沢山したこと。(笑)

音学院の皆さんも、失敗にめげずに、レッスン頑張って下さいね! 
では新年会でお会いしましょう!









| 陳臻音楽事務所 | - | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
PAGE TOP