レッスン日記
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ NEW ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ SEARCH
音楽院の生徒さんにレッスンの感想を語っていただくページです。
中国福建演奏旅行について
 中華街教室 Yさん

まだ2ヶ月しか経っていませんが、あの時は本当に暑かった。
今、11月の涼しい季節に身をおいて、つくづく感じます。

旅行中、朝5時集合でもロビーに下りていくと、皆さん整然と揃っていて、いつも感心すると同時に気合が入りました。

この規律正しさがあったので、雷雨による川下りの日時変更以外は、順調にスケジュールをこなすことが出来たのだと思います。

このように、しっかりとしたスケジュールを組み立てていただいた先生、とても大変だったと思います。
本当に有難うございます。

ホテルや観光地での連絡調整、バス等での忘れ物の対応をしていただいた幹部の方々、有難うございます。

幹部とは名ばかりで、気が利かない私ですが、他のことが出来ない代わりに、梱包作業だけは張り切ってやらせていただきました。(Nさんご指導有難うございました!)

今回の演奏で印象に残ったのは先生の恩師の琵琶の演奏です。
物静かな音色の中に、色々な感情を込め、繊細な表現をされていました。

心に響く演奏とはこういうことなのですね。

リハーサルでの息の合った演奏や琵琶など色々な楽器との合奏はとても楽しくは、ワクワクしました。

旅行では、九曲渓景区の川下り。いかだから見た、朝焼けで黄金色の空と、朝露の中で顔を出す山々・・・山水画の絵の中にいるようでした。

川下りの途中で、山に向かい大きな声を出すと、木陰から尾の長い鳥が飛び出し、空に羽ばたいていきました。

それもまた、一幅の絵のようでした。
川の傍らを歩くのも楽しくて、2〜3日掛けて滞在してゆっくり堪能したい場所でした。

それと食事。2グループは、中華街の方や中国にお住まいだった方がいて、魚や野菜料理の食材や調理法について色々説明いただいて、とても勉強になりました。

最後に、中国の急激な発展を見て心底驚くと共に、旅の途中で見た高速道路の支柱の細さがとても気になりました。

そして昔ながらの瓦屋根が郊外には点々と残っていましたが、いつまであるのだろうか・・・
少し悲しい気持ちもしました。

事故やトラブルもなく無事に横浜に着いて、本当に良かった。

皆さん有難うございました。

| 陳臻音楽事務所 | - | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
PAGE TOP