レッスン日記
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ NEW ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ SEARCH
音楽院の生徒さんにレッスンの感想を語っていただくページです。
意地でも上手になって、良い意味で人を裏切りたい
 横浜磯子教室 Oさん

先生の学院に通い始めて早1年と9が月。たまに自分の
演奏を録音し聴いてみるが、あまりの上達の遅さにびっくり。
自分としてはもう少し上手いと思っているのだが。

しばしば友人から「なぜ二胡を始めたの?」と聞かれる。
その都度答えは違うのだが、「二胡の音色が好きだから」と
答えれば大体の人は「あぁ、そぉ・・・」と納得してくれる。

日本には「四十の手習い」という言葉があるが、それはあまり
良い意味では使われず、大体が「40歳にもなってから新しい
ことを習っても上達しないよ」というような意味で使われる。

私の場合は還暦間近になってからの習い事なので、誰からも
期待されてはいない。
また奇妙なことをはじめたなぁと思われるだけ。

それだからこそ意地でも上手になって、良い意味で
人を裏切りたい、という意気込みで日々練習に励んでいる。

私は単なる老後の楽しみとして二胡を習っているのではなく、
人に聴かせてもそれなりに二胡の楽しさを伝えられるような
演奏をしたいと願っている。

しかし悲しいかな、物覚えが悪く、
指の動きも鈍くなってしまい、もっと早くから始めれば良かった
と後悔している。

先生には今後も、厳しくも暖かいご指導をお願いする次第である。
| 陳臻音楽事務所 | - | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
PAGE TOP